女の人

PMSは的確な対策で改善出来る!食事を変えて症状緩和

善玉菌の優勢に必要です

ウエスト

乳酸菌は腸内の善玉菌を優勢にするため、腸内環境を整えるために摂取が必要です。ちなみに、善玉菌が優勢に働くと、病気に対する抵抗力がアップしたり、肌トラブルが解消したり、コレステロールが下がります。また、その他にも口臭を少なくしたり、老化を防止したり、悪玉菌の働きを抑える効果があります。以上のような方向にもっていくための乳酸菌摂取となります。また、この働きを期待するには一時的な摂取ではなく、定期的な摂取が求められます。したがって、腸の調子が悪い時に摂取したり、一度に大量摂取しても上記の効果は得られにくいです。そのため、ヨーグルトであったり、乳酸菌含有飲料であったり、サプリメントであっても毎日摂取することが大切になります。

ほとんどの乳酸菌含有食品は腸に辿りついた頃には死滅しているケースが多いです。しかし、死滅してしまう食品はよくないかといえばそうではありません。死滅した乳酸菌は善玉菌のえさになるため、善玉菌を活性化させる役割は果たしています。また、乳酸菌の働きとして整腸作用だけでなく、上記にも書いたとおり、免疫を高めたり、コレステロールを下げる効果があります。この作用は乳酸菌の生死は関係ないとされています。したがって、勿論生きたままで腸に乳酸菌が届いた方がより整腸効果は見込めますが、死滅してしまう製品が決して何も効果がない訳ではありません。したがって、わざわざ生きたまま腸に届くことにこだわり、高い商品を買う必要がないことが言えます。